blog top Category Archive All title Tag Search   RSS Admin
C a l e n d a r
F A V O R I T E S
L i n k s
Q R - c o d e
P H O T O

カテゴリー【写真】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

i n f o m a t i o n !
タグ一覧
T a g L i s t
鏡の法則 foma 老眼 テンプレート 食べ物 著作権 写真 photoshop 高橋幸宏 エレクトロニカ 健康 分類 so902i ネタ 植物 福井 夕日 一乗滝 stick 夕焼け 坂本龍一 firefox こども お寺 裏技 病気 楽器 雑誌 自然 壁紙 グルメ 音楽
スポンサーサイト [------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20061204]
今日も仕事が終わっての帰り際、車に近づいてみると・・・
「え゛っ!」
鍵が開いてるじゃあ~りませんか。(汗;
今日はタイヤ交換のために、いつもの通勤車じゃないファミリーカーでの出勤。
いつもの通勤車(デュエット)は鍵をポケットの中に入れておけば、施錠も開錠も手間要らず。
なので、普段車から降りた時に、施錠をする習慣がなくなっています。
車内には、iPodやカーナビ(ポータブルタイプ)が置いてあります。
盗まれなくってよかったぁ。。。(ホッ)

癖というか習慣って怖いものです。
いろんなものが便利になって、それを利用するのが当たり前。
新しい機能を手に入れたときには“これ、便利だなぁ~”って思うんだけど、すぐに慣れちゃって。
それまでの“当たり前”が“不便なこと”になってしまう。

“道具”だけじゃありませんね。
食べ物なんかでも、言えてます。
食卓にたくさんのご馳走が並んで“当たり前”。
口に合わないものは、食べなくっても、その他にも食べるものはたくさんある。
“生きていくために必要な食べ物”という感覚は薄れて、“もっとおいしいもの”を求めてしまう。
more! more! more!って感じ。

生きるために必要な“衣・食・住”を調達出来ること“が当たり前の日本。
自分の生命維持をするために一生懸命になることが不必要な時代。
それが癖(当たり前)になって、“生きていることがありがたい”なんて感覚は、病気にでもならないと体感できない。
“生きる”ってことが“当たり前”。
どうやったら、生きていくことが“とっても嬉しいこと”だって感じられるのかなぁ。。。

rain24.jpg
FOMA STICK(so902i) with photoshop

スポンサーサイト
2006-12-04(Mon) 22:31 ブツブツ仏 | 編集 |
心の栄養分 [20061203]
今日は朝からお坊さんとしての活動です。
最近、子どものいろんな問題がニュースになっていますが、その原因って・・・って考えてみると、やっぱり生活の中にある気がしてます。

いろんなトラブルが起こったときに問題になるのが“誰が悪いか”。
でも、ほとんどの場合、単純に一方的に誰が悪いなんて言えないことが多いんですよね。
“直接的な原因になったのは誰か”ってのはわかっても。
で、その“直接的な原因”になった人だけが悪者になっちゃう。

誰もが“悪者”になりたくないんです。(ボクもそうですが。。。)
みんな、自分の非を認めたくない。
素直に“ごめんなさい”って言えなくなってる気がします。
言い換えれば、素直に“頭を下げる”ことが出来ない。
“法的には・・・”なんて言いはじめたら、ただの喧嘩も泥沼になっちゃいますね。(汗;

裁判で(法的に)勝つってのは、最終的に自分が弱い立場にあるということを証明することなんですよね。
法律は、弱者を守るためにあるんですから。。。
でも、たぶん・・・裁判に勝った人は自分の“弱さ”に気が付かない。
“自分が正しかったんだ!”で終わっちゃう。
そこが、訴訟制度の矛盾というか、、、弱者が勝者(強者)ってなことになっているわけで。。。

で・・・何が言いたいかっていうと・・・
「無条件に頭を下げる“大人の姿”を見たことがない子どもが心配だ」ってこと。
“無条件に頭を下げる”って、宗教だと思うんです。
もっと言えば、“お願いします”で頭を下げるんじゃなくって、“無条件の感謝”。
その対象が、阿弥陀仏(仏教)でなくてもかまわない。
家族で“信仰の対象”に手を合わせ、頭を下げる。
たぶん、そういう“生活”が心(考え方)の次数を上げるんじゃないかと。

小さい子どもから見れば、“いつも口うるさいお父さん・お母さん”が礼拝するお仏壇の前は、不思議な場所なんじゃないかと思います。
単純に、お父さん・お母さんより“スゴイ何か”に気が付くことでしょう。
その“不可思議な存在”こそが、今、最も足りない心の栄養分なのかな。。。

2006-12-03(Sun) 22:18 ブツブツ仏 | 編集 |
地獄!? [20051123]
次男からの質問。
「お父さん、ボクが死んだらどうなるの?」
難しい質問です。。。
ボク「天国か地獄に行くんだよ。」
息子「ボクはどっち?」
ボク「閻魔様が決めるから、わかんないなぁ。」
息子「地獄って、どんなところ?
ボク「とっても辛いところだって。針の山とか、登らなきゃいけないんだよ。」
息子「行きたくない。。。(半泣き)」
ボク「でもね、まんまんちゃんが助けてくれるんだって!」
息子「えっ、ボクのことも?」
ボク「そうだよ。(笑)お父さんのことも助けてくれるんだって!
“なんまんだぶ”っていうのは、まんまんちゃんありがとうってことなんだよ!(笑)」
息子「へぇ~、ちょっと安心した!(笑)」
ってな感じで、もう布団の中で寝ています。。。

地獄って考え方って、とっても大切だと思います。
得体の知れない恐怖と不安。。。
それが、人間の本質だと思うんですが、今の人間は、その思いが希薄になっている気がして。。。

2005-11-23(Wed) 22:20 ブツブツ仏 | 編集 |
Final! [20051103]
本日、めでたく報恩講のお付き合い終了!
かなり、気分が楽になりました。(^ ^)
今日は、お東(浄土真宗大谷派)のお寺だったんで、特に疲れたぁ。。。
というのは、同じ浄土真宗でも、派によってお勤めが全く違いまして・・・
経本を見ていても、全く解りましぇ~ん!
特に、「和讃」という部分の節は、お手上げです。。。(泣)
まっ、とにかく今年は終了!

関係ありませんが、最近、気になっていたというか、鬱陶しかったものから、ちょっと脱却しました。。。
画像は、こちら。
(見ると、イヤ~な気分になると思います。。。)

⇒ 続きを読む
2005-11-03(Thu) 22:09 戯言 -タワゴト- | 編集 |
精進上げ [20051028]
報恩講期間中の食事は、精進料理でした。
野菜や豆腐など、食材のやさしい味と香りが、美味いんですよ。
全然飽きない感じです。
最終日は、最後のお勤め(満座)のあとに“精進上げ”で、魚屋の料理をいただきます。
という訳で、“肉”を食べてない訳です。。。
以前は、「肉食いてぇ~!」と思ったんですが、最近は特にそうも思わなくなって。。。
もうそんなに、肉を欲する体でなくなってきてるんですかねぇ。。。

でも、何故“精進上げ”は、魚屋なんでしょ?
2005-10-28(Fri) 14:38 戯言 -タワゴト- | 編集 |


copyright © 2005 innerlife02 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
S E A R C H
G o o d M u s i c
G o o d T h i n g s
A B O U T...
C A T E G O R Y
E N T R I E S

home next
C O M M E N T S
F R E E  A R E A
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。